2017/08/11

長期的にはエネルギーセクターのエクスポージャーを漸減させるかも

焦点:電気自動車の勝利か、英国が脱ディーゼル・ガソリン宣言
フランス:2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売終了目指す

正直なところ国やメーカーが20○○年に「禁止する」「生産しない」といったところで課題は山積(山積という表現でもまだ控えめ)しているわけで、実際のところ2040年に禁止は絶対無理だと私は考えている。
しかしながら”その時”が訪れるのはどうやら私が思っていたときよりは早くなりそうだ。私が思っていたときというのは、私が耄碌するようになったころだ。まあ10年後に私が耄碌していないとも限らないが。

世界から内燃機関車が消えたなら。家に帰ると自分そっくりの悪魔が現れて・・・いや、ネタを思いついたがここは面倒なのでやめておこう。とりあえず原作はおすすめなので読んでおいてください。
世界から内燃機関車が消えたなら、石油の需要はどの程度減るだろうか。けっこう古いけど

35%のうち内燃機関車が占める割合ということか、思ったより少ない。それ以外に石油から他へシフトしていくものもあるかもやけど。
まあそんなこんなで長期的にはエネルギーセクターのエクスポージャーを漸減させるかもしれない。
ただし事業環境が厳しくなった(あるいは厳しいように見せかけた)ことによりオイルメジャーの再統合が許されたりなんやかやがあったりで、50年後に振り返ればやっぱりエネルギーセクターは平均を上回るリターンだったという落ちもありうると思っているのでゼロにすることはしないかな。むしろ短期的には漸増させる可能性もある。
朝令暮改は私のもっとも得意とするところなのでいつまた何を言い出すかわからないことは了承ください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

0 件のコメント:

コメントを投稿